自分に合う霊園の探し方

霊園は日当たりの良い場所を選ぶのがポイント

霊園は日当たりの良い場所を選ぶのがポイント 霊園でお墓の場所を決める際、一番大事なのが日当たりです。
日当たりが良くない所だと暗い印象を与えたり、湿気で墓石にカビや苔が生えるので掃除が大変です。
静かで風通しがよく明るい方が墓参りもしやすいでしょう。
夏は木々もよく茂り、緑に囲まれた霊園も心地よいです。
但し、明るくても崖淵の場所や大木のある土地は家庭の衰運を招くと言われるのでお勧めできません。
また日が当たらないからと、山の頂上などにお墓を建てるのも良くないです。
家庭に異変が起こると言われるので避けましょう。
南向きであれば日は当たりますし、日差しが強すぎても墓石が劣化する場合があります。
お盆の時期は日差しの強い墓地での墓参りが辛い場合もあるので、適度に日よけになる木々や休憩所があるかどうかも考慮するとよいでしょう。
けれど、昼間も薄暗い墓地よりは明るく見晴らしの良い所がいいと思う人も多いので、一番は安心して墓参りできるかどうかが大切になります。

霊園の場所を選ぶ時は立地条件が良いかどうかがとても大事です

霊園の場所を選ぶ時は立地条件が良いかどうかがとても大事です 霊園の場所を選ぶ際に一番大切なことは、家族が通いやすい環境であるかどうかです。
立地条件はそれを判断するのに大事な要素なので、購入を決める前にしっかり確認しておく必要があります。
まず重要なのは自宅から近いかだけではなく、交通手段の豊富さが大切です。
霊園は買ったら終わりではなく法要などで遠方の親戚が集まることもあるので、電車やバス、車、タクシーなどを利用することを想定しておきましょう。
お盆や彼岸などで多くの人が訪れる時期に混雑しないよう、駐車場の広さが充分に確保されているかどうかも霊園選びの大切なポイントになります。
駅からの無料送迎サービスがあるなど、車を運転しない人でも気軽にお墓参りができるところが理想的です。
霊園選びの際には周辺環境も確認しておきたいところで、先祖が眠る場所なので周辺の騒音の激しいところは避けるべきです。
静かで穏やかな環境が良いので、最初は静かな環境だったのにその後開発が進んで周辺の様子が一変してしまわないよう、どのような地域に立地するのかもきちんと把握しておきましょう。